エンジニアに必要なビジネス面のコスト感覚

エンジニアは、現状よりもさらに高度な技術開発を担当する役割を持ちます。そのため、時には大きなコストをかけてでも、技術開発に取り組む必要があります。
しかし一方で、技術者はコスト意識を強く持たなければなりません。開発費には限界があり、開発にかけられる研究費は実際には限られています。そのため技術者は、技術力に偏重するだけでなく、ビジネスのセンスも求められます。

高度なコスト意識を持ち、いかに少ない費用で優れた研究結果を導き出すかが重要です。
そのためには、自由な発想による開発の創意工夫が欠かせません。これまでの常識にない工夫が、低コストでの開発を可能にするケースがよくあります。
普段から柔軟な思考を心がけて開発に取り組めば、思わぬヒントが思い浮かびます。エンジニアがコストを意識して開発すれば、その恩恵は消費者に及びます。低コストで作られた製品は、低価格での提供を可能にします。それだけに、技術者の開発の手腕に大きな期待が寄せられています。

関わっている開発プロジェクトでは、開発が終わるまで技術者の葛藤が続きます。研究開発費は必要であるけれども、コストが掛けられないとき、妥協するかどうかの迷いがあります。
ここで限界を乗り越えて、新しい開発のアイデアを生み出せるかどうかが重要です。技術開発はビジネスと切り離せない関係にあり、技術者は常に現実的によくあるコストなどの制限と向き合って、開発の仕事に従事しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です